空腹状態での早朝ランニングは危険!?正しい早朝ランニングとは

早朝ランニングライフ
早朝ランニング

早朝ランニングは体脂肪燃焼に効果的だから、空腹状態だともっと効果的なのかな?

早朝ランニングをする人に読んでほしい

この記事はとっても短い記事なので早朝ランニングを行う人は是非最後まで読んでください

実は空腹状態での早朝ランニングは危険!

空腹であるほど体脂肪はエネルギー源として使われやすい

体脂肪を効率的に燃焼させる目的だと、確かに空腹時に有酸素運動を行う事は効果的です。空腹時なので糖分などのエネルギー源が無い為、ダイレクトに体脂肪がエネルギーとして使われるので中性脂肪が分解され脂肪燃焼につながる。

しかし、中性脂肪が分解された後の脂肪酸に注意が必要。

心肺機能(心臓)にリスクがある人は不整脈を起こす可能性あるので十分に注意が必要。

早朝にランニングを行うのであれば、少しでも糖分摂取を心掛けたい。バナナなどのフルーツ、ゼリーやスポーツドリンクなど簡単に糖分を摂取できるよう意識してほしい。

フルーツ

水分補給無しでの早朝ランニングは危険

人間は寝ている間に多くの水分を失っている。寝る前の水分摂取にもよるが、朝起きた時に軽い脱水状態であることも稀ではない。

脱水状態でのランニングは循環器系の突然の病気リスクがある。

起床後すぐにランニングを行うのではなく、必ず水分補給を行ってからランニングをするように心がけよう。

水分補給

正しい早朝ランニングの方法とは

・ランニング前に必ず糖分を摂取する。(フルーツやゼリー、スポーツドリンクなど)

・ランニング前に必ず水分補給をする。

・急に走らない。必ずストレッチなど準備運動を行ってからランニングを開始する。

MatsuAki
MatsuAki

早朝のランニング(有酸素運動)はダイエットにはかなり効果的と言われているけど、走る前に正しい準備をしないと実は身体には危険なことががあるよ。

十分に注意して早朝のランニングを楽しもう!