【社会人必見】社会人の身だしなみが大事な理由

ビジネス
MatsuAki
MatsuAki

4月から社会人生活かぁ…。スーツは就活のスーツがあるし、髪も初任給もらってから切ればいっか。

「身だしなみ」とは何か

「おしゃれ」と「身だしなみ」の違いは?

「おしゃれ」は自分が楽しむためのものですあるため、流行を取り入れたり個性的な自分をアピールする着こなしをする一方

「身だしなみ」は相手に不快感を与えないような服装を整えることです。

相手のことを第一に考えた配慮であって、相手に対する敬意が「身だしなみ」です。

「身だしなみ」を整えることによるメリット

第一印象では好感を持ってもらえる

心理学者アルバート・メラビアンが提唱した「メラビアンの法則」では”印象を決定する要因の9割以上は、視覚・聴覚の情報である”と言われ、その中で視覚(身だしなみや見のこなしなど)に該当する割合は5割と言われてます。またそれも会って数秒で第一印象が決まるようです。

相手に不快感を与えない

職種によっては服装や髪形が自由という場合もありますが、清潔感や信頼を得ることを重要視する職場や施設であればTPOにそぐわない服装はイメージダウンにつながります。

自分自身の気持ちの切り替えになる

身だしなみを整えることは相手への気遣い・配慮の要素が大きいですが、好印象を持たれることで自分に自信がつきます。また意識の向上により自分自身の成長につながります。

「身だしなみ」のチェックポイント

「身だしなみ」のチェックポイントは職場や場所・シチュエーションによって内容は変わってきますが、基本的なチェックポイントは以下の通りです。

  髪・頭  ・整髪されているか
・極端なカラーリングや長髪にしていないか
・フケや寝ぐせはないか
・洗顔、歯磨きをしているか
・眼鏡は汚れていないか
・ヒゲの剃り残しはないか

(女性)
・ビジネスシーンに合ったメイクか
・化粧崩れはないか
・手は汚れていないか
・爪は切ってあり、汚れはないか
(全般)
・TPOに合った服装であるか
・色・柄・形が派手すぎないか
・着崩れしていないか
・シワや汚れはないか
・ボタンが取れかけていないか
・ほころびはないか
・しみやしわはなく、折り目がとれていないか

(スーツ)
・サイズが体形に合っているか
・シワはないか、ズボンの折り目はついているか
・上着やズボンのポケットに物を入れすぎていないか

(ネクタイ)
・曲がっていないか
・緩んでいないか
・シャツやスーツに合った色・柄であるものか

(女性)
・スカートの丈が短すぎたり長すぎたりしていないか
・透けたり露出が高すぎないか
足・靴・靴はきれいに磨いてあるか
・靴のかかとがすりへったり、痛んだりしていないか
・靴の形や色はTPOに合っているか
・靴下にほころびや穴はないか

(女性)
・歩きやすいヒールの高さか
・ストッキングは肌の色に近く、伝線していないか
その他・香水をつけ過ぎてはいないか

まとめ 【社会人必見】社会人の身だしなみが大事な理由

日常生活で習慣になっている「身だしなみ」きっかけがない限り、見直しすることや改善することは難しいと思います。また、自分自身良いと思っている身だしなみは実は相手に失礼である場合もあると思います。

人に悪い印象を与えてしまうと折角のビジネスチャンスが巡ってこなかったり、逆に好印象により自信ではわからない良い機会があったかもしれません。この記事を読んで頂いた方には是非、この機会にご自身の身だしなみについて考えるきっかけになれば幸いです。

最後まで読んで頂きありがとうございました。