【レビュー・評価】ハマります~ラマ~カードゲームを遊んでみた感想

ボードゲーム・カードゲーム
MatsuAki
MatsuAki

今回はカードゲーム(ボードゲーム)の「ラマ L.A.M.A」について実際に遊んだ結果の素直な感想をまとめてみました。「ラマ」は2人から6人まで遊べます!遊び方もまとめましたので併せてご覧ください。

MatsuAki
MatsuAki

この記事はゲームの概要やルールを解説して最後に実際に遊んだ感想をまとめています。ゲームの評価だけ見たい方は読み飛ばして最後だけご覧ください。

■ゲームの概要

「ラマ」って一言でまとめると…

降りるか?挑戦するか?いたって単純なカードなのに、こんなに面白くなるとは!!

プレイヤーはカードを1枚出すか、ラウンドから降りてマイナスポイントを得るか、それともプレイを継続させるためにカードを1枚増やすか決断しなければなりません。何度か繰り返しゲーム終了時にマイナスポイントの最も少ないプレイヤーが勝者となります。

■基本情報

▽基本情報

プレイ人数2~6人
プレイ時間20分
対象年齢8歳以上
販売元メビウスゲームズ

▽内容物

カード

カード:56枚(1~6 各8枚 + ラマ 8枚)

チップ

チップ:70個(-10ポイントの黒×20個、-1ポイントの白×50個)

■ゲームの進め方

■ゲームの準備

ゲームの準備

・すべてのカードをよく混ぜ各プレイヤーに6枚ずつ配ります。残りのカードは裏向きで山札へ

・山札の一番上のカードをめくり、捨て札の山の最初のカード(一番上のカード)として山札の横に置きます。

■ゲームの手順

ゲームの手順

まずはじゃんけんで順番を決めます。

最初のプレイヤーが以下の3つのアクションのうち1つだけを実行して、次のプレイヤーに手番が移り順番にアクションを実行していきます。

【アクション】(以下詳細)

その1:カードを1枚出す

その2:カードを1枚引く

その3:ゲームから降りる

次のいずれかの場合、直ちにラウンド終了となります。

ラウンド終了条件】

・誰か1人手札カードが全てなくなる

・全てのプレイヤーがラウンドから降りる

※1人以外ラウンドから降りた場合は、その1人はカードを1枚出し続けるか、ラウンドから降りるかのいずれかの【アクション】を実行することになります。カードは山札から引くことはできません。

【ポイント計算】

ゲームが終了したら、手持ちのカードからマイナスポイントの計算を行い、マイナスチップを受け取ります。

トータルマイナス40ポイントに達した人がいればそこでゲーム終了です。

※ゲームの流れイメージ
【アクション】を繰り返し【終了条件】に達したら【ポイント計算】また【アクション】を繰り返し…-40ポイントなったらゲーム終了

【アクション】その1:カードを1枚出す

捨て札の山の1番上のカードの数字と同じ数字か、またはその数字の1つ上のカードを1枚出すことができます。ただし、「ラマ」は「7」と同じ扱いで、1番上のカードが「ラマ」の場合は「ラマ」か「1」を1枚出すことができます。
(例)捨て札の山の1番上のカードが「3」の場合、出せるカードは「3」か「4」となります。

(例)捨て札の山の1番上のカードが「6」の場合、出せるカードは「6」か「ラマ」となります。

(例)捨て札の山の1番上のカードが「ラマ」の場合、出せるカードは「ラマ」か「1」となります。

【アクション】その2:カードを1枚引く

山札から1枚カードを引きます。1枚カードを引いたら次のプレイヤーの手番となります。山札のカードが無くなっても新たに山札を作ることはできません。

【アクション】その3:ゲームから降りる

アクションその1のカードを出すことができず、その2のカードを引くこともしたくない。場合はゲームから降りることができます。降りた場合はカードを裏向きにしてラウンド終了まで見守ります(笑)

【終了条件】でゲームが終了したら・・・

手持ちのカードから【ポイント計算】をします。カードの数値がマイナスポイントとなります。
「ラマ」カードは10ポイントです。

重複するカードは1枚とみなし計算します。
(例)「3」×2枚、「5」×1枚、「ラマ」×2枚の場合は-18ポイントです。

マイナスポイントを計算したら、マイナスポイントのチップを受け取ります。
黒が-10ポイント、白が-1ポイントです。

ここがポイント

ちなみに【終了条件】の誰か1人手札カードが全てなくなるになった場合でゲームが終了した場合

その手札カードを全て無くした人は、マイナスポイントのチップを1枚戻すことができます。
-10ポイントチップを持っている場合は、-10ポイントチップを戻せます。

■ゲームの勝敗

誰か一人がトータル-40ポイントになった時ゲーム終了となり、その時最もマイナスポイントが少ないプレイガーが勝者です。

■ゲームの感想(レビュー)

率直な感想・評価

・私の持っているカードゲームの中で一番盛り上がるゲームです。(カードゲーム6種類保持)

・何よりゲーム中会話をしながらゲームを進められるのですごく楽しめます。

・ラウンドを降りるのも一つの手。粘り負けするパターンも結構あります。

・最初の6枚の手札を見た瞬間に「ラマ」カードのラマと目が合った時の複雑な気持ち。これは実際にやってみるとなんとなくわかると思います。イラっとするし、でも許せてしまうあの顔。

・ゲーム時間は15分くらいでサクッとできるのでお手軽です。

値段も高すぎず、かなりオススメのカードゲームです。

運         :4.0
心理戦       :3.5
戦略        :3.5
盛り上り      :5.0
価格(コスパ)   :5.0
MatsuAki個人評価  :5.0